読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IoTとは?

12/12のAdventカレンダー担当の宮内です!
よろしくお願いします!

今回は、少し前に流行った(まだ流行っている?) IoTについて、
あまり長くはないですが、つらつらと書いていきます。

僕の周りの人でも、
・やっぱり、次に来るのはIoTだよね〜
・IoTの時代だよ
・新しく会社作ったんだけど、IoTやりたいんだよね〜
って、言ってる人とかいました。

webの記事でも結構みるようになってきたなあと思っていましたが、
実際なんなのかがよくわからんって感じなので、
ちょいと調べてみました。あまり深くは調べてないので、
あしからず(ToT)ゞ スンマセン

IoTは、Internet of Things の略です。
日本語でいうと、”モノのインターネット”

うん、そのままですね、、、
モノのインターネットということは、
PC?スマホタブレット
ハードウェアのこと言ってんの?おいしいの?

みたいな感想が最初に思い浮かびました。
結局、かっこいい呼び方で、既存のこと言っているのかな、みたいな


ところがどっこい!!!
そんなレベルの低いことではありませんでした!!(当たり前か)

上記で述べている”モノ”とは、
今までインターネットに繋がっていなかった”モノ”を指しています。

つまり、今後、普段使っているもの全てがインターネットに繋がるようになって、
もっと便利になるよ!!ってことです。(個人的理解)

なるほど、、、でも、
・繋がるようになってなにが変わるの?
・今まで、繋がってなくてもあまり不便じゃなかった
・なんかいらなくね?電気使うし、重くなりそうだし

上記がぱっと浮かびました。(単純な考えです)

あさはかな考えでした、、、(もっと地頭が良く生まれたかった、、、)

シンプルに考えるとこんな感じかと思います。

モノがインターネットに繋がる

モノが今まで以上に情報を持ち、様々な情報の送受信ができるようになる

上記によって、例えば
・普段使っているものが、今、どこにあるのか、どういう状態なのかを知ることができる
・普段使っているものが、あとどれくらいで壊れるかなどがわかり、買い替えや、事故防止ができる
・これまで以上にたくさんの情報が集まり、ビックデータ的なことにさらに利用できる

被っている箇所もありますが、こんな感じでしょうか
扱える情報が増えるということは、
それだけ、その情報を利用して、
より良いものが作れたり、人々の生活の安全の保証につながるのではないでしょうか。

そんなモノづくりができるエンジニアに私はなりたい!!完